婚活初期のアドバイス

「結婚情報サービス」の会社に、いくつか資料請求をしてみました。最大手の企業から、首都圏中心にピンポイントで活動している企業まで、2〜3社ほど、取り寄せました。その中で、いくつか「婚活」の参考になりそうなことが書いてありました。まずは、基本的なことから…写真は、写真館でプロに撮影してもらったものを用意しましょう。写真には、写りが良い悪い云々だけでなく、「活動に対する本気度」が現れます。そのため、「いいかげんな」写真を載せていると、お相手も担当のスタッフの人達も、その人を選ばなくなってきます。

同じく、「いいかげん」では許されないのが、「プロフィールを書く」ことです。でも、必要以上に堅苦しくなりすぎるのもまたNGみたいです…。もちろん誤字脱字があったり、おざなりなことばかりが書かれていると、相手に強くマイナスのイメージを与えてしまいます。プロフィールを書くコツは、お相手の方へ手紙を書くような気分であまり気負い過ぎず書くことです。初めて会う時に、話が弾むような内容が書かれていると、より効果的なようです。ひととなりが伝わりやすいよう、注意して書きましょう。

もうひとつ参考になりそうな言葉がありました。それは「運命の相手は、ダイヤの原石かもしれない」という言葉です。どういうことかと言うと、初対面の印象では、どうしても表面的なことに目がいきがちです。「服装や持ち物、髪型」などなど…。それだけで、すべての人をバッサリ切ってしまうのは、もったいないという話です。

とても誠実な人柄で、仕事も頑張る人なのに、「ファッションセンス」があまりないだけかも知れません。もしかしたら、少しのアドバイスや、お相手の考え方で、どんどん磨かれてゆく、ダイヤの原石なのかもしれないという事です。これを見極めるのは、なかなか難しいかも知れませんが、もし、こういった人を理解することが出来れば、自分の人生も、豊かになる気がします…。ようするに出会い系サイトに頼らなくても出会いは見つかるということです。

新着サイト
将来一緒にいてくれるパートナーを見つけたい…
そんな方は婚活パーティーで見つけてみてください